TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【化学療法学会】外来感染症薬で認定制度‐薬局向け、耐性対策推進へ

2022年06月08日 (水)

 日本化学療法学会は、4月から「外来抗感染症薬認定薬剤師」制度の運用をスタートさせた。薬剤耐性対策には、外来患者に使用される抗感染症薬の適正使用が不可欠として、役割を担う薬局薬剤師向けの制度として立ち上げた。将来は、専門医療機関連携薬局の要件の一つとして確立したい考えもあるようだ。この資格を得るには学会や研修会への参加、経験症例の提示、試験合格などが必要で、認定の取得は来年度以降に本格化すると見られる。

「専門連携」の要件も視野

 同制度は、薬剤耐性病原体の出現抑制に向けて、外来診療における抗感染症薬の適正使用に関する十分な知識や技能を有する認定薬剤師を育成するもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報