TOP > 無季言 ∨ 

「『地域』で生きたいわけじゃない」

2022年06月27日 (月)

◆「『地域』で生きたいわけじゃない」。手にした本の章のタイトルだ。読み進めていくうち、地域包括ケアを理解して取材してきたのかと考え込んだ
◆手にした本は「まとまらない言葉を生きる」。著者の荒井裕樹氏は障害者文化論の研究者で、こんな記述がある。「自分の『隣近所』を守ろうとする時、人は驚くほど保守的になったり、攻撃的になったりする。障害者運動の歴史を調べていると、そう感じることが多い」
◆隣近所のある生活をしたい障害者、障害者が隣近所に暮らすことに反対する「普通の人たち」を見てきた著者は地域の意味を問う。これは包括ではなく区分けではないか。医療・介護でも思い当たる
◆新聞で読んだ貧困家庭の女性の証言も地域を問うている。「家庭の状況を親戚や周囲も知っていたのに、積極的に関わろうとしてくれた人はいなかった」(17日付毎日新聞)。地域の意味するところは隣近所。必要なのは「隣近所包括ケア」ではないか。コンビニより多い薬局は隣近所の存在。隣近所の窓になれるはずだ。



‐AD‐

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報