合併症”を含む記事一覧

2021年06月09日 (水)

◆インフォームドコンセントに動画を活用する試みが日本の医療現場で始まっている。昨年起業した医療系ITベンチャーのContrea(東京都)が、それを実現するシステム「MediOS」を開発。実際に導入した病院もある ◆

続きを読む »


2021年05月07日 (金)

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学 ~薬剤師が実践する疾病管理~ シリーズ5「心筋梗塞」 日時 2022年1月13日(木)19時30分~21時15分、1月27日(木)19時30分~21時30分

続きを読む »


2021年02月25日 (木)

 米食品医薬品局(FDA)は2月5日、いびきと軽度の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を軽減するための新デバイスeXciteOSAの販売を承認したことを発表した。睡眠中に使用する従来のデバイスとは異なり、eXcit

続きを読む »


2020年12月11日 (金)

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学 ~薬剤師が実践する疾病管理~ シリーズ6「心不全」 日時 2021年2月12日(金)19時30分~21時15分、2月25日(木)19時30分~21時30分 *本シ

続きを読む »


2020年12月09日 (水)

 米食品医薬品局(FDA)は11月23日、抗インフルエンザ薬ゾフルーザ(Xofluza、一般名バロキサビル マルボキシル)について、インフルエンザ感染者と接触した12歳以上の人に対する曝露後予防投与の適応追加

続きを読む »


2020年11月06日 (金)

【アステラス製薬】前立腺がん治療剤XTANDI(R)カプセル 中国で追加適応に関する承認取得
【アストラゼネカ】アストラゼネカのフォシーガ、中国で心血管アウトカムに対する効果が承認される
【サノフィ】olipudase alfa、酸性スフィンゴミエリナーゼ欠損症(ASMD)患者の肺機能と脾容積を有意に改善

続きを読む »


2020年10月28日 (水)

 妊婦でも、頭痛などの痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を服用しても大丈夫だと思っている人は、認識を改める必要がありそうだ。米食品医薬品局(FDA)は10月15日、広く使用されている

続きを読む »


2020年09月04日 (金)

 グローバルに感染が広がる新型コロナウイルス感染症の抑制に向け、世界各国の研究機関や企業でワクチン開発や治療薬候補の探索が進められている。国内では、5月に抗ウイルス薬「レムデシビル」が特例承認されたものの、効果のある

続きを読む »


2020年06月18日 (木)

【テルモ】フレックスタイム制を国内全事業所に導入 在宅勤務の利便性拡大などニューノーマル(新常態)での働き方を整備
【日本イーライリリー】ベーリンガーインゲルハイムとリリー、デューク臨床研究所と共同で、急性心筋梗塞後の心不全発症および死亡に対するエンパグリフロジンの影響を評価するpragmatic trialを実施
【サノフィ】Type2炎症性疾患におけるデュピクセント(R)(デュピルマブ)の成長機会と開発戦略を発表

続きを読む »


2020年06月01日 (月)

薬局感染防止に上限70万円  政府は5月27日、新型コロナウイルス感染症の追加対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算を閣議決定した。厚生労働省の施策には計4兆9773億円を追加し、ワクチンや治療薬開

続きを読む »


2020年05月01日 (金)

地域包括ケアシステムにおける薬物治療学 ~薬剤師が実践する疾病管理~ シリーズ2「慢性腎臓病:CKD」 日時 2020年9月10日(木)19時30分~21時15分、9月24日(木)19時30分~21時30

続きを読む »


2019年12月27日 (金)

【中止】第13回 中央ブロック研修会 「新型コロナウイルス感染症」対策のため、2月、3月の研修会や講座を中止、または延期といたします。 内容概略:地域研修部会では、10月02日に「1からは

続きを読む »


2019年12月11日 (水)

◆癌の遺伝子変異を網羅的に解析し、投与する抗癌剤を検討する「癌遺伝子パネル検査」が保険適用されてから約半年。課題はまだ山積みだが、がんゲノム医療中核病院や、パネル検査で得た結果のデータベース化を目指す「がんゲノム情報

続きを読む »


2019年11月27日 (水)

 米食品医薬品局(FDA)は11月8日、定期的な赤血球(RBC)輸血を要するβサラセミアの成人患者に対する貧血治療薬として、luspatercept-aamt(ルスパテルセプト;商品名Reblozyl、日本国

続きを読む »


2019年10月02日 (水)

 テルモ=スプレー式癒着防止材「アドスプレー9.4mL」(一般名:癒着防止吸収性バリア)の剤形追加として、小容量品となる「アドスプレー5.4mL」を新発売した。小容量品を発売し、癒着防止材市場で市場シェア30%を目指

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報