HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ワクチン開発へ500億円基金‐政府が2次補正予算

2020年06月01日 (月)

薬局感染防止に上限70万円

 政府は5月27日、新型コロナウイルス感染症の追加対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算を閣議決定した。厚生労働省の施策には計4兆9773億円を追加し、ワクチンや治療薬開発などに600億円を充て、現在進行中のワクチン開発支援のために日本医療研究開発機構(AMED)に基金設置などを行う。ワクチン開発後の生産体制整備には1455億円を活用するほか、薬局が感染防止のために施設内のレイアウト変更などの整備を行った場合は70万円を上限に費用補助するとした。

 第2次補正予算では「検査体制の充実、ワクチン・治療薬の開発」に2719億円を計上した。

 内訳を見ると、新型コロナウイルスを対象としたワクチンや治療薬開発などに600億円を充てる。複数の製薬企業等で進められているワクチン開発を促すため、500億円を活用してAMEDに基金を設けるほか、新規作用機序を持つ治療薬の研究開発に50億円を充てる。また、診断治療法、合併症や免疫不全に対する治療法、感染防御体制のあり方などを厚生科学研究班で研究するため、50億円を活用する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報