多発性硬化症”を含む記事一覧

2006年09月07日 (木)

 厚生労働省は15日付で、新医薬品13成分20品目を薬価基準に追補収載する。内訳は内用薬7成分11品目、注射薬3成分5品目、外用薬3成分4品目。6日の中央社会保険医療協議会総会で、薬価算定組織の報告が了承されたもの。B型

続きを読む »


2006年07月31日 (月)

 厚生労働省が7月26日付で承認した新薬では、ビスホスホネート系骨粗鬆治療薬で国内初となる週1回投与製剤、新しい作用を持つ抗てんかん薬、B型肝炎治療に選択肢を広げるもの、乳幼児向け気管支喘息治療薬が登場した。承認された主

続きを読む »


2006年07月06日 (木)

 医薬基盤研究所(理事長:山西弘一氏)は、「保健医療分野における基礎研究推進事業」の2006年度新規採択研究課題20件を決定した。対象となる研究は3分野で、医薬品等の開発につながる可能性の高い課題が選定されている。 採択

続きを読む »


2006年06月28日 (水)

 薬事・食品衛生審議会の薬事分科会が26日に開かれ、SIADHに伴う低ナトリウム血症治療薬や、ニューキノロン系抗菌点眼剤など、部会で了承された13成分の新薬承認を了承した。内訳は、製造承認が3成分、輸入承認が7成分、製造

続きを読む »


2006年06月21日 (水)

 独シエーリングの買収を進めていた独バイエルグループは20日、シエーリング株の88%を取得したことを明らかにし、買収が成功したと発表した。合併については、EUの委員会と米国の独占禁止関連の当局からは承認を得てているという

続きを読む »


2006年05月26日 (金)

 薬事食品衛生審議会は24日に医薬品第二部会、25日に医薬品第一部会を相次いで開き、新医薬品の承認可否などを審議・報告した。第一部会では優先審査品目に指定されていたバラクード錠など5成分、第二部会では2成分が審議され、い

続きを読む »


2006年04月12日 (水)

 バイエル薬品は11日に記者懇談会を開き、独シエーリングに対する独バイエルの買収提案について、その効果や今後の見通しについて見解を示した。独バイエルのグローバル広報責任者のマルクス・ピッケル氏は、買収が成功すれば「ス

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報