政府”を含む記事一覧

2019年06月21日 (金)

 政府は18日、「認知症施策推進大綱」を関係閣僚会議で決定した。認知症の発症と症状の進行を遅らせる考えを基盤に、70歳代での発症を10年間で1歳遅らせることを目標に設定した。かかりつけ薬剤師が認知症を早期に発見するこ

続きを読む »


2019年06月21日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ)
メトホルミンの添付文書改訂:P2 認知症対策で新大綱 政府:P3 注射薬キット実用化へ2社が協業:P11 企画〈OTC医薬品〉:P4~9

続きを読む »


2019年06月14日 (金)

 政府の経済財政諮問会議は11日、「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針)の原案を議論した。診療報酬・医薬品等の改革について、調剤報酬に言及。地域のかかりつけ機能に応じた評価や対物業務から対人業務への構造

続きを読む »


2019年06月12日 (水)

 「東京都後発医薬品安心使用促進協議会」の初会合が、7日に開催された。後発品の状況や関係社の取り組みが紹介されたほか、今後の議論の進め方、後発品に関する実態調査の実施などについて検討を行った。同協議会の座長に

続きを読む »


2019年05月29日 (水)

 認知症に関する啓発活動などを行う「認知症関係当事者・支援者連絡会議」は22日、患者の生活環境改善や国民の疾患理解の促進に貢献する施策実施を、政府と医療・介護専門職に求める共同提言を発表した。6項目の要望内容をまとめ

続きを読む »


2019年05月22日 (水)

 政府は21日、「2019年春の褒章」を発令した。主な受章者は次の各氏。 (さらに…)

続きを読む »


2019年05月22日 (水)

政府が発令  政府は21日、「2019年春の勲章」における受章者を発令した。14日に閣議決定されたもので、薬剤師・薬業界では元久光製薬社長の中冨博隆氏らが旭日小綬章、堀場製作所会長の堀場厚氏が旭

続きを読む »


2019年05月22日 (水)

きょうの紙面(本号12ページ)
設立以来初の減収 日本CRO協会:P2 診療GL遵守で多剤併用に:P3 薬剤師人材の特性 産学共同で解析:P12 企画〈薬卸連〉:P4~8

続きを読む »


2019年05月15日 (水)

 政府の規制改革推進会議は10日、「医療分野におけるデータ利活用促進に関する意見」を公表した。国民の健康づくりに健診結果などの医療情報を活用するため、行政が取り組むべき課題と施策を提示。医療情報の表現形式や保管・送受

続きを読む »


2019年05月15日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
老健施設でも減薬推進:P2 介護現場の減薬 偽薬で後押し:P3 開発成功確率が低下 IQVIA調査:P6 製薬各社の3月期決算状況:P7

続きを読む »


2019年05月13日 (月)

 内閣官房健康・医療戦略室は4月26日、日本医療研究開発機構(AMED)などの事業で革新的医薬品創出を支援する「創薬支援ネットワーク」の活動状況を政府の健康・医療戦略推進専門調査会に報告。2018年度は製薬企業にシー

続きを読む »


2019年04月16日 (火)

 政府の次世代ヘルスケア産業協議会は12日、「生涯現役社会」に貢献するヘルスケア産業育成施策をまとめた「アクションプラン2019」を大筋で了承した。健康改善に対する個人の行動変化を促すため、疾病・介護予防や生活習慣病

続きを読む »


2019年04月15日 (月)

 政府の経済財政諮問会議は10日、今年度の骨太方針の策定に向け、具体化が必要な社会保障改革を議論した。民間議員は、医療・介護分野の改革で2020年度診療報酬改定に言及。特に調剤報酬に関しては、「引き続き課題が残ってお

続きを読む »


2019年04月15日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
アジア相互承認を視野 FIRM:P2 健サポ薬局で取組事例集:P3 戸田・加島事業所閉鎖 田辺三菱:p7 5カ年中期経営計画 大日本住友:P8

続きを読む »


2019年04月12日 (金)

 アジア製薬協会10団体や政府関係者などが集まり、アジア地域での新薬アクセス改善に向けた取り組みを討議する「アジア製薬団体連携会議」(APAC)が9日に都内で開かれた。産業側からアジア各国の規制当局に対し、承認審査や

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報