昭和薬科大学”を含む記事一覧

2021年02月18日 (木)

在宅医療推進の時代においてチーム医療の進行役として期待される薬剤師のあり方を知る! 2006年に制度化された『在宅療養支援診療所(在支診)』に所属する9人の薬剤師が、なぜ職場として在支診を選び、どの

続きを読む »


2020年11月04日 (水)

 政府は3日、「2020年秋の叙勲」における勲章受章者を発令した。薬業界からは元日本製薬団体連合会会長の多田正世氏が旭日重光章を受章。薬学関係では元日本薬剤師会副会長の伊賀立二氏、東京大学名誉教授の杉山雄一氏

続きを読む »


2020年10月30日 (金)

(注) [1]各大学の学生募集要項によって作成した。 [2]定員には推薦入学者等も含まれる。 [3]原則として、一般入試のI(前)期募集(最も定員の多い入試方法)を記載した。  II(後)期募集など他の試験に

続きを読む »


2020年10月21日 (水)

 昭和薬科大学の創立90周年記念式典が17日、町田市の同大学記念講堂で開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、規模を縮小する形での開催となったが、式典では90周年の歩みを振り返ると共に、100周年

続きを読む »


2020年10月21日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
全後発品が規格適合 厚労省:P2 JACDSが市販化期待 緊急避妊薬:P6 バイオ医薬品の人材 不足傾向に:P7 企画〈感染対策〉:P4~5

続きを読む »


2020年09月14日 (月)

 昭和薬科大学創立90周年特別講演会が10月17日15時から16時まで、オンラインで開催される。当日は、ノーベル生理学・医学賞の受賞者である大村智氏(北里大学栄誉教授)が「微生物創薬と国際社会貢献」をテーマに講演する

続きを読む »


2020年09月14日 (月)

きょうの紙面(本号12ページ)
コロナワクチン開発で製薬9社が声明:P2 薬局支援システム提供 メドレー:P10 企画〈変わりゆく医薬品情報提供〉:P3~8

続きを読む »


2020年07月13日 (月)

 昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター医薬品情報部門の長南謙一教授と、生活家電用品の販売などを手がけるエンプレイスは、薬の飲み忘れと重複防止に役立つ「服薬時計」を共同開発した。 (さらに&hell

続きを読む »


2020年05月18日 (月)

 厚生省(現・厚生労働省)、環境庁(現・環境省)に30年間勤務したの中でも、「麻薬」と名の付く部署に計4回・約7年半在籍し、「麻薬課長」まで務めた経歴を持つ著者が、これまでの豊富な経験をまとめ、薬物乱用防

続きを読む »


2020年04月17日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
人工呼吸器を迅速審査 厚労省:P2 ワクチン開発で連携 大阪府など:P3 調剤事業1000億円に スギHD:P6 新型肺炎にレムデシビル 7割症状改善:P7

続きを読む »


2020年03月30日 (月)

 明治薬科大学と国立成育医療研究センターは23日、双方の人材交流を促す連携大学院協定を締結した。小児期・周産期に精通した薬剤師を育成するため、明治薬科大の大学院生や職員が同センターの医療現場で実際の課題を把握するほか

続きを読む »


2020年01月09日 (木)

 昭和薬科大学と町田市(東京都)は昨年12月25日、「健康的に暮らし続けられるまちづくりの推進に関する協定」を締結した。大学のこれまでの取り組みを促す内容で、地域住民の健康増進につながる活動の提供や子育て世代

続きを読む »


2020年01月08日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
FIMガイダンスを改訂 厚労省:P2 年頭所感:P3~5 既存事業最大化に注力 エステー:P6 細胞医薬品で世界へ ヘリオス:P7

続きを読む »


2019年11月18日 (月)

第22回 一般社団法人昭薬同窓会・平成塾スクーリング 日時 2020年2月9日(日)13:00~16:10(12:50~受付) 場所 町田市文化交流センター5F会議室 サル

続きを読む »


2019年10月30日 (水)

(注) [1]各大学の学生募集要項によって作成した。 [2]定員には推薦入学者等も含まれる。 [3]原則として、一般入試のI(前)期募集(最も定員の多い入試方法)を記載した。  II(後)期募集など他の試験に

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報