HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【昭和薬科大】町田市と街づくりで協定‐住民の健康増進活動加速

2020年01月09日 (木)

協定を締結した石阪丈一町田市長(左)と山本恵子学長

協定を締結した石阪丈一町田市長(左)と山本恵子学長

 昭和薬科大学と町田市(東京都)は昨年12月25日、「健康的に暮らし続けられるまちづくりの推進に関する協定」を締結した。大学のこれまでの取り組みを促す内容で、地域住民の健康増進につながる活動の提供や子育て世代の薬に関する相談に応じることなどが柱。学生が地域の団地に居住し、コミュニティの活性化を図る活動なども行う。昭和薬大の山本恵子学長は「地域活性化と健康度アップにつながる活動を展開するため、知恵を合わせて一緒に活動し、さらに成果を上げられるような協定にしたい」と意欲を示している。

 昭和薬大は、2015年から地域連携に関する講演会に参加したり、学園祭などで地域住民の健康増進につながる活動を行ってきたが、今後は大学内に「地域連携センター」を設けて連携を加速させる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報