HOME > 無季言 ∨ 

ドラッグストアかコンビニか

2006年1月18日 (水)

◆小売業界にとっては、消費者の支持をいかに集めるかが、生き残りへの大きな課題だ。最近では、都市部への人口回帰や高齢化を受けて、新たな戦略を打ち出す店舗が増えている
◆例えば30年間にわたり成長を続けてきたコンビニエンスストア。既存店の売上高は1年以上もマイナスを記録するなど、成長神話が崩れつつある。既に安価な生鮮食品を取り扱う新型店を展開したり、以前の“御用聞き”のようなサービスの強化、さらに商品の値下げや24時間営業を見直す動きまである
◆一方ドラッグストアを見ると、取り扱い品目が増える傾向にある。医薬品や健康食品、化粧品はもとより、最近では食品や飲料、酒類、日用雑貨に至るまで、実に多彩なアイテムを取り揃えている。さらに冷凍食品や弁当類を豊富に品揃えする店舗もあり、ちょっとしたスーパーやコンビニと変わらない店も出てきた
◆これまでの常識を打破しようとするコンビニ本家と、コンビニに近づこうとするドラッグストア。どちらが消費者の支持を集められるのか、今後の小売業を占う上で、大きな鍵になるだろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録