未熟児無呼吸発作治療薬「アプネカット」を発売 日研化学

2006年9月4日 (月)

 日研化学は8月28日、経口用テオフィリン製剤で国内初の未熟児無呼吸発作治療薬「アプネカット経口10mg」を発売した。プレフィルドシリンジ製剤で、鼻から喉までチューブを通し投与する。薬価は1筒1238・70円。

 同剤は1筒2・5mL中に、テオフィリン10mgを含有する。効能は「早産・低出生体重児における原発性無呼吸(未熟児無呼吸発作)」。早産・低体重児に投与するため、添加物を含まず、しかも滅菌されている。

 また、プレフィルドシリンジ製剤のため、溶解、希釈、濃度調節などは必要なく、迅速に投与でき、さらにシリンジから直接投与できるため、微生物汚染や異物混入のリスクも軽減されているのが特徴。

 売り上げ目標は明らかにしていない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録