TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【岡山県精神科医療センター】クロザピンで多剤併用減‐統合失調症治療を適正化

2024年05月17日 (金)

 岡山県精神科医療センター臨床研究部の薬剤師、北川航平氏らの研究グループは、同院に入院する統合失調症患者を対象に12年間の処方動向を解析した結果、抗精神病薬「クロザピン」の単剤処方率が37.3%に高まることで、抗精神病薬を3剤以上併用する症例は1%未満になったことを明らかにした。2剤以上の多剤併用も4人に1人に減少した。海外に比べて日本では同剤の使用が進んでいないが、北川氏は「これだけ薬物治療が変わるという結果を見てもらいたい」と話している。

 東邦大学薬学部の松尾和廣教授らと共同で処方動向を解析した。同院で2010年から使用を始めたクロザピンの単剤処方率は経時的に伸び、20年には37.3%に高まった()。クロザピンを含む抗精神病薬の単剤処方率は、09年の24.4%から20年には74.6%に高まり、2剤以上の多剤併用の割合は09年の75.6%から20年には23.7%へと減少した(20年は抗精神病薬を服用しない患者が1.7%存在)

表

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術