TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【ニコン】臓器チップを3D画像化‐生体に近い環境で薬効評価

2024年05月30日 (木)
臓器チップを撮像した新生血管の状態を3D化

臓器チップを撮像した新生血管の状態を3D化

 ニコンは、成長の加速が期待されるCAR-T細胞や中分子医薬、再生医療などの新規モダリティを対象に、臓器に見立てたチップ内(臓器チップ)で細胞を培養し、新生血管などの状態や変化などを3D画像化して、候補物質の薬効や毒性を定量評価する創薬支援サービスを始めた。これまでのプレート上の細胞を2D解析するのと比べ、よりヒトの生体に近い状態で再現し、評価できる。

 ニコンが培ってきた光学技術による顕微鏡での細胞の撮像と、取得した画像の解析技術を生かした創薬支援サービスとなる。製薬企業やバイオベンチャーを対象に、1月に開設した湘南ヘルスイノベーションパーク内の「ニコンヘルスケアR&Dセンター(湘南)」、米マサチューセッツ州の「ニコンバイオイメージングラボR&Dセンター・レキシントン」の創薬支援の研究開発拠点と、既存の日米欧サービス拠点を連携し、実験計画の立案からAI技術を用いた画像解析までソリューションを提供する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術