TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価研・研究報告】薬価差偏在の是正が必要‐「改定あり方」議論で検討へ

2024年06月17日 (月)

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会は14日、今年度薬価制度改革などに関する研究報告を発表した。その中で薬価差のあり方に触れ、「過度な薬価差・薬価差の偏在の是正に取り組むべきである」と指摘した。薬価研の石牟禮(いしむれ)武志委員長は同日の記者会見で、厚生労働省が薬価差の実態調査に乗り出すことを挙げ、「丁寧な議論ができるような調査結果に期待している」と述べ、薬価研としては薬価差を構造的に生む「薬価改定のあり方」の検討の中で取り上げる考えを示した。

 研究報告では、「薬価差を得ることを目的として取引により生じる薬価差は、個々の医薬品の価値を反映していない」とした上で、過度な薬価差・薬価差の偏在の是正が必要との問題意識を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術