TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

「大きな変革」と評価‐ファイザーR&D・石橋社長、日本人の第I相省略で

2024年06月18日 (火)
石橋氏

 ファイザーの医薬開発部門であるファイザーR&Dの石橋太郎社長は12日、都内の本社内で開いたプレスセミナーで、厚生労働省が国際共同治験開始前の日本人での第I相試験を追加実施する必要がないとの見解を示したことについて「国際共同治験に早期から参加できるようになると考えている」との認識を示した。今後、「創薬力の向上」につながるよう業界と当局による適切な運用に向けて取り組むことを求めた。

 厚労省の「創薬力の強化・安定供給の確保等のための薬事規制のあり方に関する検討会」を踏まえ、薬事規制の見直しが進められる方向になったことについて石橋氏は「大きな後押し」と述べた。その上で日本人の第I相試験の考え方の見直しは「大きな変革」と、前向きに評価した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術