HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】未承認薬の治験状況を開示‐HPに23品目のリスト掲載

2006年9月7日 (木)

 厚生労働省は未承認薬使用問題検討会議の検討結果を受けて、国内で治験準備中あるいは実施中の医薬品に関する情報を、同省ホームページに公開した。過去9回開催された結果をリスト化したもので、既に承認されたものを除き、次の23品目が紹介されている。

 ・スニチニブ(治験依頼者=ファイザー):対象疾患=消化管間質腫瘍(イマチニブ耐性)、進行性腎細胞癌
 ・フォスフェニトイン(準備中):てんかん様重積症ほか
 ・デフェラシロックス(ノバルティスファーマ):輸血による慢性鉄過剰
 ・ポサコナゾール(シェリング・プラウ):侵襲性真菌感染症
 ・レナリドミド(セルジーン):骨髄異形成症候群による貧血
 ・コニバプタン(アステラス製薬):低ナトリウム血症
 ・ニチシノン〔NTBC〕(スウェーデンオーファンインターナショナル):遺伝性高チロシン血症I型
 ・アルグルコシダーゼアルファ(ジェンザイム・ジャパン):糖原病II型(ポンペ病)
 ・ネララビン(グラクソ・スミスクライン):T細胞性急性リンパ芽球性白血病、T細胞性リンパ芽球性リンパ腫
 ・ペグアスパラガーゼ(準備中):急性リンパ芽球性白血病
 ・フェニル酪酸ナトリウム(ノーベルファーマ):尿素サイクル異常症
 ・オクスカルバゼピン(ノバルティスファーマ・準備中):てんかん部分発作
 ・ガルスルファーゼ(準備中):VI型ムコ多糖症
 ・リポソーマルドキソルビシン(ヤンセンファーマ):再発卵巣癌、エイズ関連カポジ肉腫
 ・クロファラビン(準備中):小児急性リンパ性白血病
 ・ベバシズマブ(中外製薬):転移性結腸・直腸癌
 ・セツキシマブ(メルク):転移性結腸・直腸癌
 ・ストレプトゾシン(準備中):膵島細胞癌
 ・ボルテゾミブ(ヤンセンファーマ):多発性骨髄腫(再発または難治性)
 ・ラロニダーゼ(ジェンザイム・ジャパン):I型ムコ多糖症
 ・ジアゾキサイド(シェリング・プラウ):高インスリン血症による低血糖症
 ・サリドマイド(藤本製薬):多発性骨髄腫(既治療で効果不十分な場合)
 ・ペメトレキセド(日本イーライリリー):悪性胸膜中皮腫




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録