HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】13成分20品目を薬価収載へ

2006年9月7日 (木)

 厚生労働省は15日付で、新医薬品13成分20品目を薬価基準に追補収載する。内訳は内用薬7成分11品目、注射薬3成分5品目、外用薬3成分4品目。6日の中央社会保険医療協議会総会で、薬価算定組織の報告が了承されたもの。B型肝炎治療薬「バラクルード錠」で、比較薬として初めて2剤併用療法が採用されたほか、同薬と画像診断用造影剤「ボースデル内用液」に20%の有用性加算が適用された。

 収載される品目は次の通り。

 ◇ガバペン錠200mg、同錠300mg、同錠400mg(ファイザー)

 他の抗てんかん薬で十分な効果がない、てんかん患者の部分発作に対して用いられる抗てんかん薬。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数3000人で販売高は2・7億円、ピーク時の5年目は2・7万人で23・5億円。

 ◇フィズリン錠30mg(大塚製薬)

 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)の低ナトリウム血症改善を目的とする利尿剤。企業が予測する市場規模は、初年度が患者90人で販売高は550万円、ピーク時の6年目は400人で2450万円。

 ◇フォサマック錠35mg(万有製薬)、ボナロン錠35mg(帝人ファーマ)

 両社が共同開発したビスホスホネート系の骨粗鬆症治療薬。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数6万人で販売高は27億円、ピーク時の6年目は89万人で393億円。

 ◇テモダールカプセル20mg、同100mg(シェリング・プラウ)

 悪性神経膠腫を効能・効果とするアルキル化剤。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数732人で4・14億円、ピーク時の5年目は1046人で15・67億円。

 ◇バラクルード錠0・5mg(ブリストル製薬)

 グアノシンのヌクレオシド類縁体で、B型肝炎ウイルス(HBV)のDNAポリメラーゼを選択的に阻害し、HBVの増殖を抑制する。企業が予測する市場規模は、初年度が2147人で2・49億円、ピーク時の6年目は1万6509人で64・68億円。

 ◇イトリゾール内用液1%(ヤンセンファーマ)

 内用液剤で口腔内、それに近い罹患部への直接作用を生かした口腔咽頭カンジダ症、食道カンジダ症の治療薬。企業が予測する市場規模は、初年度が6000人で1・8億円、ピーク時の6年目は10万3000人で30・4億円。

 ◇ボースデル内用液10(明治乳業)

 磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影を効能・効果とする国内初の造影剤。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数2万5000人で4000万円、ピーク時の3年目は14万4000人で2・1億円。

 ◇ポリドカスクレロール0・5%注2mL、同1%注2mL、同3%注2mL(堺化学工業)

 一次性下肢静脈瘤(伏在静脈瘤の本幹を除く)の硬化退縮を効能・効果とする止血剤。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数3000人で500万円、ピーク時の5年目は3万人で4800万円。

 ◇ブスルフェクス点滴静注用60mg(麒麟麦酒)

 同種造血幹細胞移植の前治療に用いるアルキル化剤。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数145人で9000万円、ピーク時の10年目は664人で4・3億円。

 ◇アボネックス筋注用シリンジ30μg(ジェンザイム・ジャパン)

 多発性硬化症の再発予防を効能・効果とする遺伝子組み換え製剤。企業が予測する市場規模は、初年度が125人で2・6億円、ピーク時の8年目は2150人で44・6億円。

 ◇パタノール点眼液0・1%(日本アルコン)

 アレルギー性結膜炎を効能・効果とする点眼薬。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数12万人で2・4億円、ピーク時の4年目は295万人で60億円。

 ◇ベガモックス点眼液0・5%(日本アルコン)

 ニューキノロン系の点眼薬。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数22万人で2・9億円、ピーク時の4年目は390万人で50・9億円。

 ◇パルミコート吸入液0・25mg、同0・5mg(アストラゼネカ)

 気管支喘息の効能・効果を持つステロイド薬。企業が予測する市場規模は、初年度が患者数6000人で2億円、ピーク時の8年目は3万9000人で20・1億円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録