HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共・庄田社長】ランバクシーのFDA問題解決に向け経営への関与強化

2009年5月15日 (金)

庄田社長

庄田社長

 第一三共の庄田隆社長は13日、都内で開いた決算説明会で、印ランバクシーの申請データ改ざん問題について、「これまでインドの上場企業として、ランバクシーの独立性を重視してきたが、FDA問題の解決に向け、さらに第一三共が経営への関与を強めていく」との方針を明らかにした。現在、第一三共は、ランバクシーに2人の取締役を派遣している。

 FDAは2月、ランバクシー製品の申請データの信頼性に疑義を示すAIP(アプリケーション・インテグリティー・ポリシー)を発動。これを受け、第一三共はFDAの疑念を払拭するため、FDAとの直接協議に指導力を発揮する考えを示していた。

 庄田氏は、「医薬品の製造、品質保証の概念には、新薬とジェネリック医薬品に差はなく、ランバクシーはそれに関する感度が明らかに弱かった」と強調。「ランバクシーの品質保証制度を確立し、問題を解決するためには、第一三共が大きな関与をしなければ解決できない」との考えを示した。

 既に第一三共は、米国の専門家を含めた拡大対策チームを立ち上げ、FDAとの直接協議に参画しており、問題解決を急いでいる。その対応の中で、5月にランバクシーは、ニトロフラントインカプセルの全ロットを自主回収すると発表している。

 庄田氏は、2009年度の主要経営課題にFDA問題の早期解決を挙げ、「これまでインドの上場企業として、ランバクシーの独立性を重視してきたが、FDA問題は、第一三共が経営への関与を強めなければ解決できない」との考えを強調した。派遣する取締役の増員など、具体的な方針は明らかにしていないが、これまでランバクシーの独立性を重視してきた方針を転換し、第一三共が経営の主導権を取っていく姿勢を鮮明にした格好だ。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録