HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】米バイオ企業を買収‐癌領域の開発戦略推進

2009年5月20日 (水)

 武田薬品は18日、米子会社が米バイオ企業「IDMファーマ」を約7500万ドル(約72億円)で買収すると発表した。1株当たり2・64ドルの現金で株式公開買い付け(TOB)を実施し、完全子会社化する。IDMの骨肉腫治療薬「メパクト」(一般名:ミファムルチド)を獲得することで、既に承認取得済みの欧州で癌領域への本格進出を目指す。

 IDMは、癌の免疫応答をターゲットに癌領域の新薬開発を進めてきた。最も開発が先行した骨肉腫治療薬「メパクト」は、既に欧州27カ国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーでの販売承認を取得済みであり、武田はIDMを買収することで、欧州でも癌領域に本格進出する。

 今回の買収を受け、メパクトは、武田の欧販売子会社から発売されることになった。また、今後のメパクトのグローバル開発方針については、癌領域の開発戦略を担う米ミレニアムが検討していく。

 IDMは、1987年に設立されたバイオ企業。2008年度の売上高は3100万ドル(約30億円)、純損失が1億8600万ドル(約180億円)。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録