HOME > 無季言 ∨ 

情報提供の重要性

2009年5月22日 (金)

◆今月は「消費者月間」で、全国各地の消費者センターで講座やイベントが展開されている。テーマで多いのは、若者や高齢者の契約トラブル対処法や、振り込め詐欺などの話題。特に最近では定額給付金に絡んで、行政職員を装った手口も増えているという
◆各地の講座で感じたのは、一般薬の新販売制度に関する話題が、ほとんど見当たらなかったことだ。賢い商品の選び方や契約の仕方だけでなく、薬の購入は日常生活の一部でもあり、制度の正しい理解促進が欠かせない
◆しかし薬業界も、アクションを起こしにくい背景があった。政省令後の通知が遅れ、準備はしていても“通知待ち”の状態が続いたからだ。その通知が出て、今後は薬業界が力を合わせて、積極的に新制度の周知啓発に努めていく
◆通知を見た製薬企業幹部は「情報提供の重要性が、あちこちに見て取れる。薬が適正に使用される仕組みが浸透してこそ、セルフメディケーションの推進、さらにはOTC薬市場の拡大につながる」と強調する。今一度、改正薬事法の趣旨と情報提供の仕組みを理解し、分かりやすく消費者に伝える必要がありそうだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録