HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医】医師確保でドクターバンクなどを提案

2006年10月19日 (木)

 日本医師会は17日に定例会見を行い、へき地などでの医師確保に関する見解と対策を明らかにした。会見で日医は、医師不足・偏在の原因は国の医療費抑制策にあると指摘した上で、へき地医療の確保、勤務医(特に救急医療)の確保、診療所と病院の機能分化によるかかりつけ医機能の充実、地域医療の充実などを目標に掲げた。

 具体的な対策としては、▽医師の就職に関する情報提供・斡旋を目的とする“ドクターバンク”の全国的なネットワーク化▽定年退職したベテラン勤務医の活用▽女性医師の再就業を支援する“女性医師バンク”の創設――などの取り組みを挙げた。

 また、各地域の医療需要・供給、勤務医の勤務状況などのデータベース化も提言したほか、医師が安心して診療に携わるための仕組みづくりとして、医療事故に対する補償制度、女性医師・引退後医師の再研修なども示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録