HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・07年度立入検査】薬剤師の配置適合率は93%

2009年8月3日 (月)

 厚生労働省医政局は、医療法に基づく病院への立入検査の2007年度結果を公表した。それによると、医療法等に定める薬剤師配置の標準数に適合する病院の比率は92・8%で、前年から0・9ポイント上昇したことが分かった。ただ、北海道・東北や中国では90%に達しておらず、依然として地域差がみられた。

 07年度の立入検査は、全病院の94・8%に当たる8268施設を対象に実施した。

 薬剤師数の適合率は改善傾向にあるが、他の項目と比べると、医師数の86・9%、職員の健康管理の87・1%、患者相談体制の92・6%に次いで低い。

 地域別にみると、いずれも前年から上昇し、格差は縮小しているものの、最高の近畿が97・4%、次いで関東が95・3%、北陸・甲信越と四国が94・3%、東海が94・0%と、9割台半ばの水準となっているのに対し、北海道・東北は87・8%、中国は89・8%だった。

 また、精神等を除く一般病院の平均は93・6%で、病床規模別にみると、49床以下が86・1%と極端に低い一方、50床以上は9割を超えており、50~99床で93・6%、100~149床で95・5%、150~199床で94・2%、200~299床で95・0%、300~399床で97・3%、400~499床で94・2%、500床で以上97・5%だった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録