HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】新指定部外品の製造販売承認を都道府県知事に移管‐一般用漢方製剤のがぜ薬も

2009年8月20日 (木)

 厚生労働省は2010年度、新指定医薬部外品のうち外皮消毒薬など10薬効群と、一般用漢方製剤のうち、化学成分を含まないかぜ薬の製造販売承認を、厚労大臣から都道府県知事に移管する。新指定医薬部外品については、既に健胃清涼剤など5薬効群が地方委任されており、今回の対応により、全薬効群の承認事務を都道府県が行うことになる。11月をメドに薬事・食品衛生審議会の関係部会で事前に内容を確認した上で、告示・通知を整備する方向だ。

 医薬品・医薬部外品の地方委任の拡大は、政府の構造改革特別区域推進本部が2月に決定した方針に基づく措置。当初、構造改革特区で導入するよう要望が出ていたが、区域を限定せずに全国的に実施することとなった。

 新指定医薬部外品の承認事務は、現在も健胃清涼剤、ビタミンC剤、ビタミンE剤、ビタミンEC剤、ビタミン含有保健剤が地方委任されている。さらに今回の対応で、次の10薬効群が都道府県に移る。

 [1]のど清涼剤
 [2]外皮消毒剤
 [3]きず消毒保護剤
 [4]ひび・あかぎれ用剤(クロルヘキシジン主剤)
 [5]同(メントール・カンフル主剤)
 [6]同(ビタミンAE主剤)
 [7]あせも・ただれ用剤
 [8]うおのめ・たこ用剤
 [9]かさつき・あれ用剤
 [10]カルシウム剤

 漢方処方のかぜ薬については現在、化学成分が全体の50%以上を含む場合に限って、地方委任されている。今後は、漢方成分のみで構成する製剤など、化学成分の分量にかかわらず知事が承認することになる。

 なお、かぜ薬以外については、取り扱いを変更しない予定。胃腸薬には制酸剤を含有することが通常であるなど、化学成分を含まない製剤が現実的ではないことが主な理由。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録