HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・千村課長】国際共同治験を一層推進‐治験5カ年計画見直しも

2009年09月15日 (火)

 厚生労働省の千村浩研究開発振興課長は、国内の治験全体を活性化する有効な手段の一つとして、国内での実施件数が増えている国際共同治験の推進を挙げ、「そのための、様々なサポートをしていきたい」との方針を示した。都内で開かれた北里・ハーバードシンポジウムで講演したもの。

 千村氏は、欧米と比較して圧倒的に少ない国際共同治験の実施件数が、厚労省によるガイドライン作成などの後押しもあって、増えていることを指摘。

 2007年に治験全体の7・5%を程度だったものが、08年には15・6%にまで増えていると数値を示し、「当然、国内の治験環境整備などが必要だが、国際共同治験を増やしていこうという考え方が、治験全体を押し上げる上で重要なポイントになるのでは」と述べた。

 臨床試験は、国内での実施件数が年々減る一方で、海外で先行して行われる臨床試験が増加傾向にあり、治験の空洞化が進んでいる。

 千村氏は、「引き続き、国際共同治験を後押しするためのサポートを進めたい」とし、今年度事業として1200万円が計上された「日米欧3極治験相談推進事業」などを通して、国際共同治験を進める体制整備を支援する考えを示した。

 また、厚労省が作成した「新たな治験活性化5カ年計画」が、中間点を迎えたことを受けて設置された「新たな治験活性化5カ年計画の中間見直しに関する検討会」についても言及し、「これまでの評価を行い、今後の計画の見直しを進めているところ。ここでの議論を見据えながら進めていきたい」と述べた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報