HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【08年度保健・衛生行政報告】薬局数は5.3万カ所

2009年10月27日 (火)

 厚生労働省は23日、2008年度保健・衛生行政業務報告の結果概況を発表し、08年度末現在の薬局数が5万3304カ所であることを明らかにした。前年度に比べて765カ所増えた[表(PDF)]

 都道府県別にみると、最も薬局数が増えたのは、福岡の101カ所。逆に愛媛、千葉、和歌山、沖縄、高知、佐賀の6県は減少した。

 また、人口10万対数は41・7で、前年度から0・6ポイント上昇。最も多いのは佐賀の61・6で、広島の56・5、山口の54・7、福岡の54・2、高知の50・3が続く。最も少ないのは福井の29・2で、次いで富山の32・7、埼玉の33・7、京都の33・9、石川の34・2が少ない。

 このほか、特定疾患医療受給者の動向も公表。受給者証所持者数は64万7604人で前年度から3万2036人増加。人口10万対数は507・2で25・4増えた。

 疾患別の受給者証の所持者総数は、潰瘍性大腸炎の10万4721人、パーキンソン病関連疾患の9万8356人、全身性エリテマトーデスの5万6272人、強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎の3万9970人、クローン病の2万9301人が多い。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報