HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【事業仕分け】革新的医薬品が削減対象に

2009年11月19日 (木)

 行政刷新会議の「事業仕分け」で、「革新的医薬品・医療機器の創出に向けた研究・分子イメージング研究戦略推進プログラム(第II期)」(要求額7億円)などの事業が、要求額の削減が必要と結論づけられた。

 分子イメージング研究は、癌の早期診断・早期治療につなげるためのもの。仕分けを行うワーキンググループの委員からは、「成果目標や到達期日を明らかにして、プロジェクトのメリハリをつけるべき」「政府他分野との重複もあるだけに削減が必要」など、厳しい意見が相次ぎ、20%から3分の1程度の削減が必要と判断された。

 ライフサイエンス分野では、「革新的蛋白質・細胞解析研究イニシアティブ(ターゲットタンパク研究プログラム)」(46億円)が、「580億円も投入したプロジェクトの検証が不十分。仕切り直しが必要」などの理由で、20~50%の削減となった。

 また、「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(第II期)」(21億円)は、「厚労省のネットワークのほかに、もう一つ作る必要性はない。厚労省のネットワークを強化、拡大した方が効果が出る」など、行政の二重性を指摘され、「廃止または20~50%削減」といった厳しい評価が下った。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録