HOME > 無季言 ∨ 

薬種商から登録販売者に

2009年12月11日 (金)

◆今年度、各都道府県が実施した登録販売者試験の結果によると、9日現在の全国の合格者は延べ約1万9000人となった。未発表の大阪府や、2回目の試験を実施する富山、愛知両県の動向もあるが、今年度は約2万人を超える見込みで、合格者数は昨年度の約3分の1になりそうだ
◆先月、薬種商販売業者の全国組織である全日本薬種商協会が、全日本医薬品登録販売者協会へと名称を変更。傘下の各都道府県の協会も8割強が同様の変更を行った。既存会員が減少傾向にあり、新たに「登録販売者」の組織として、活性化を図る狙いもあるのだろう
◆課題もある。誕生した登録販売者の多くが、ドラッグストア等の従業員ということだ。実質的に個人事業主がメインの旧薬種商協会とでは、立場上、微妙な齟齬が生じる可能性もある。それは医師や薬剤師でも同様だが、協会活動の舵取りは非常に難しい
◆いずれにしてもポイントは、登録販売者の資質を担保する研修等の中身になろう。この2年間で約8万人の登録販売者が輩出される形になるが、「量より質」に重きを置いた協会活動の実施に期待したいものだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報