高コレステロール改善薬「ローカスタ」を新発売 塩野義製薬

2009年12月14日 (月)

yakuji_photo

 塩野義製薬は、第二次中期経営計画で重点領域とするメタボ対策に向け、OTC医薬品の血清高コレステロール改善薬「ローカスタ」を新発売した。

 「ローカスタ」(カプセル剤)は、明治製薬から導入したもので、パンテチン、ソイステロール、天然型ビタミンEの三つの成分の働きにより、血中のコレステロールを改善し、手足の冷え、しびれといった末梢血行障害を緩和する。

 パンテチンには、脂質代謝を改善し、血中の総コレステロールを減少させる働きがある。また、ソイステロールは、コレステロールの腸管からの吸収を阻害することで体外への排泄を促進。天然型ビタミンEは、血管に障害を与える過酸化脂質の増加を抑え、末梢の血行をよくする。

 「ローカスタ」は、運動や食事といったコレステロールを下げる習慣にプラスすることで、生活習慣の改善をサポートし、QOLの向上に貢献するOTC薬として期待されている。

 税込みメーカー希望小売価は、90カプセル2580円、180カプセル4780円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報