HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

来年度の予算編成基本方針を閣議決定

2009年12月17日 (木)

 政府は15日、2010年度予算編成の基本方針を閣議決定した。依然として厳しい経済情勢と予断を許さない先行きを踏まえ、「コンクリートから人へ」の理念に立ち、税金の使途を徹底的に見直し、予算の中身を抜本的に変革することを強調。医療・介護などの社会保障分野への投資について、「幅広い雇用の受け皿を国民に提供するだけでなく、中長期的には高い投資効果が期待できる」としている。

 重点分野には、▽子育て▽雇用▽環境▽科学・技術――を位置づけたが、科学・技術については、「国家戦略上、重要な役割を担う分野」とする一方、「これまでの資金配分や研究体制、研究成果の評価等については見直しの余地も多い」と指摘。推進体制を見直すと共に、総合科学技術会議の改組を検討することを明記した。

 また、三党連立政権合意を含む政権公約の実現に取り組む決意を表明し、国家戦略室と予算編成に関する閣僚委員会で検討し、結論を出すこととした。

 このほか、新たな成長戦略を年内に策定する考えを示すと共に、予算編成過程を刷新し、事業仕分けを反映させるほか、「入るを量りて出ずるを制す」予算編成を行って、国債発行額を、自公政権が編成した第1次補正を含む今年度の約44兆円以下に抑える方針を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報