HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】米ベンチャー「リアタ」から糖尿病性腎症治療薬導入

2010年1月13日 (水)

 協和発酵キリンと米製薬ベンチャー「リアタ・ファーマシューティカルズ」は、糖尿病性腎症治療薬「バルドキソロンメチル」の日本を含むアジア地域におけるライセンス契約を締結した。協和発酵キリンは、リアタからバルドキソロンメチルの日本、中国、台湾、韓国、東南アジア諸国における独占的開発・販売権を取得し、これら契約対象国で早期の臨床試験入りを目指す。契約金額は、一時金とマイルストンを含め、総額で最大2億7200万ドル(約250億円)となった。

 今回の契約により、協和発酵キリンは、リアタに対し、契約一時金として3500万ドル、開発の段階に応じたマイルストンとして9700万ドルを支払う。また、上市後は、販売権を保有する地域の販売額に応じて、最大1億4000万ドルのマイルストンと2桁のロイヤルティを支払う。

 バルドキソロンメチルは、250種類以上の抗酸化因子・解毒因子の産生を調節する遺伝子「Nrf2」を活性化することで、2型糖尿病や心血管疾患・慢性腎不全などの合併症発症を抑制する低分子医薬品。現在、リアタが糖尿病性腎症患者を対象に、米国で2本の第II相試験を実施している。

 協和発酵キリンは、バルドキソロンメチルの導入によって、腎分野でのパイプラインを強化する。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録