HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【佐藤製薬】スイッチOTC胃腸薬「イノセアバランス」発売‐トロキシピドを初配合

2010年3月15日 (月)

スイッチOTC胃腸薬「イノセアバランス」

スイッチOTC胃腸薬「イノセアバランス」

 佐藤製薬は25日から、医療用成分トロキシピドを配合した、スイッチOTC胃腸薬「イノセアバランス」(第1類医薬品)を新発売する。トロキシピドは、胃粘膜再生促進作用と胃粘膜障害抑制作用の両面を合わせ持つ安全性の高い成分で、現在も杏林製薬が医療用胃炎・胃潰瘍治療剤(アプレース)として販売している。トロキシピドのOTC医薬品化は今回が初めてで、同社では『胃粘膜の働きを整え、胃の状態を正常に近づける』という、既存のH2ブロッカー胃腸薬と異なる作用機序を前面に、棲み分けを図っていく考え。発売1年後の売り上げ目標は、出荷ベースで3億円を見込んでいる。

 スイッチOTC成分のトロキシピドは、胃粘膜の血流を促進させ、胃粘液を増加させることで、胃粘膜の防御機能を高める。また、ATP(アデノシン三リン酸)の合成を増やし、組織の代謝を活性化させ、傷ついた胃粘膜を修復する作用に優れている。2007年3月にスイッチ化を申請し、今年1月に承認を得た。

 新製品の「イノセアバランス」は、胃粘膜を保護する「防御因子増強成分」として、トロキシピド、アズレンスルホン酸ナトリウムを配合。さらに、攻撃因子抑制成分として、3種の制酸成分(炭酸水素ナトリウム、ケイ酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウム)とロートエキスを配合するなど、胃の状態を正常に近づける処方で、様々な胃のつらい症状に優れた効果を発揮する。

 臨床試験では、有効性の評価を行った165例のうち、軽度改善以上の改善率が98・2%(著明改善50・3%、中等度改善35・8%、軽度改善12・1%)だったほか、安全性の評価を行った173例のうち、169例に副作用がない(97・7%)などの結果が得られている。同社では「特に、継続服用される方にとって、有効性・安全性の高さが大きな特徴。胃腸薬市場の活性化と共に、生活者ニーズに幅広く応えていける製品と思う」(川庄尚執行役員学術部部長)としている。

 報告された副作用4件も、いずれも症状は軽度で、処置することなく継続投与し、服薬終了後には症状が消失したという。

 スーッとする清涼感のある細粒タイプの胃腸薬で、服用しやすいスティック包装を採用した。成人(15歳以上)1回1包を1日3回、食前または食間(空腹時)に服用する。

 税込み希望小売価格は、12包1050円、24包1880円。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録