HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ユニバーサル薬品】11月に自社製品を初投入‐追補収載でアムロジピン

2010年4月2日 (金)

 インド・ザイダスグループの日本ユニバーサル薬品は、11月の後発品追補収載時に自社製品を初めて投入する。日本のジェネリック医薬品(GE薬)市場で自社製品のアムロジピン製剤を発売し、ザイダスの品質を全面にアピールするのが狙い。これまでGE薬の品揃えが導入品にとどまっていた同社だが、自社製品第一号の投入をきっかけに、日本市場で攻勢をかける。

 2007年4月に日本ユニバーサル薬品を買収し、日本市場に本格参入したザイダスは、これまで消化器領域を中心に品揃えを強化し、35製品にまでGE薬のラインナップが拡大してきた。ただ、これまで販売してきたGE薬は全て導入品で、ザイダスの自社製品を日本市場に投入できていなかった。

 こうした中、今年11月の後発品追補収載時に、自社製品のアムロジピン製剤を日本市場に初めて投入する。既に同社は、辰巳化学が製造したアムロジピン製剤の販売を手がけているが、自社製品をラインナップに加えることで、ザイダスの品質をアピールしていきたい考えだ。

 同社は、ザイダスが持つ低コスト・高品質の強みを最大限に生かすため、さらに自社製品を充実させる計画。既にインドでは60製品以上が開発中である。今後5年で年10製品を投入する予定にしており、日本市場でさらなる攻勢をかける。インド系GE薬メーカーとして、参入から3年が経過した同社は、いよいよ今年秋に大きなマイルストーンを迎える。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録