チュアブルタイプ胃腸薬に初のアルミボトル缶タイプを発売 太田胃散

2010年5月24日 (月)

yakuji_photo
「太田胃散チュアブルNEO」ボトル缶タイプ

 太田胃散は、水なしで服用できる胃腸薬「太田胃散チュアブルNEO」(第3類医薬品)のボトル缶タイプを今月から新発売した。胃腸薬として初めてアルミのボトル缶を採用し、携帯性・利便性に加え、ファッション性にも配慮した新しいタイプの胃腸薬。同社では「コンパクトで持ち運びにも便利。職場や外出先などでの突然の胃痛など、人前で胃薬を取り出すことに恥じらうことがないようにと、スタイリッシュな形に仕上げた」(AD顧客部)とし、新規ユーザーの開拓も期待する。

 「太田胃散チュアブルNEO」は、2008年9月に発売された胃腸薬。チュアブルタイプの胃腸薬ユーザーは、効き目や即効性のほか、味や服用感に対しても不満を感じていたことから、従来品の「太田胃散チュアブル」の制酸力を強化すると共に、メントールの効いたレモンライム味とするなど、効き目と味を改良し、スッキリ爽快な胃腸薬に生まれ変わった。

 リニューアルから好評の同品は、各種制酸剤(水酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウム)の組み合わせが効果的に作用し、胃の不快感、胸やけ改善に効果を発揮する。また、消泡剤ジメチルポリシロキサンが胃内を圧迫するガスを取り除き、胃のハリを抑える。成人(15歳以上)は1回2錠を1日3回、噛み砕くか、口中で溶かして服用する。

 持ち運びしやすいヒンジキャップつきのアルミボトル缶で、パッケージは気分やニーズに応じて選べるブルー、ピンクを基調とした2種類がある。税込み希望小売価格は、28錠入り1029円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録