HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

特許審査の迅速化と国際調和を推進”特許庁

2006年12月29日 (金)

 特許庁は「知的財産立国」の実現を目指して、来年度から世界最高水準の迅速・的確な特許審査の実現、国際調和・協力の推進などへの取り組みを強化していく方針だ。

 迅速な特許審査に向けては、2013年に審査待ち時間を11カ月に短縮するため、審査に必要な先行技術調査(文献検索)について、民間登録調査機関の増大を図ると共に、外注を22・6万件まで拡大していく。さらに、04年度から08年度までの5年間で、10年任期の審査官500人を確保する計画。

 また、知的財産制度の国際調和・協力を図るため、[1]日米欧三極が主導する国際的な制度調和、[2]「特許審査ハイウェイ」の対象拡大に向けた取り組み[3]途上国に対する審査協力、審査体制構築の支援――などを推進する。

 特許審査ハイウェイは、一国で特許となった出願結果を、他国で簡易な手続きで早期審査を受けられるようにする仕組みで、06年7月から米国特許商標庁との間で試行を開始している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録