HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】向精神薬適正処方で通知‐自殺者対策の一環

2010年6月29日 (火)

 毎年3万人を上回る自殺者を1人でも減らそうと、厚生労働省社会・援護局は向精神薬の適正処方を求める通知を都道府県や関係団体に発出した。

 国立精神・神経センターの加茂牧子氏らによる、厚労省研究班の調査によると、死亡前1年間に精神科や心療内科の受診歴があった自殺者の57・8%が、治療目的で処方された向精神薬を自殺時に過量摂取していた。

 さらに、向精神薬の処方に対する国民の関心が高まっていることなども踏まえ、自殺念慮等を適切に評価した上で、自殺傾向が認められる患者に抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、抗精神病薬などを処方する場合には、個々の患者の状況を踏まえて、投与日数や投与量に注意を払うなどの配慮を要請した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録