HOME > 無季言 ∨ 

熱中症予防は薬局・薬店で

2010年7月23日 (金)

◆南部を除く九州から関東まで一気に梅雨明けしたと思ったら、東京でも連日35℃を超える猛暑日が続いている
◆昭和40、50年代頃までは、夏休み中でさえ30℃を超える日は数日しかなかった記憶がある。学校の屋外プールでは、唇を紫にしながら泳いでいたものだ。それが最近では35℃、内陸部では38℃などと聞いても驚かなくなったことは、本当の意味で驚きだ。日本で一番暑いとされる埼玉県熊谷市は、高い気温自体をPRしている
◆地球温暖化のせいだと納得したところで涼しくなるわけではない。こうなると、マスコミに大繁殖するのが「熱中症」なる単語だ。その種類には、熱失神、熱痙れん、熱疲労、熱射病(日射病)などがあり、それぞれに対処法が異なっている。一般の人はそんなことは分からない。連日、数十人が救急車で運ばれている現状にあり、最悪の場合は死にさえ至る
◆気象庁やお天気番組などでは、水分補給などの注意を喚起しているが、リスクの高い患者をはじめ、脱水しやすい高齢者にとって、身近な存在である薬局・薬店こそが、熱中症予防の中心的存在になるべきではなかろうか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録