HOME > 無季言 ∨ 

患者さんの“素っ気ない反応”

2010年8月9日 (月)

◆ドラッグストアで働いた経験を持つ調剤薬局の若い薬剤師は、「ドラッグストアと調剤薬局では、薬剤師に対する患者さんの反応が全然違う」と話す。ドラッグストアに比べ調剤薬局の方が総じて、患者の反応は素っ気ないらしい
◆ドラッグストアで薬剤師は、患者から相談を受ける機会が少なくない。どんな症状が出て、どう困っているのか、患者自ら積極的に訴えてくる。症状に応じたOTC薬を薬剤師が提案すると、「じゃあ、それちょうだい」と、そのOTC薬を購入するケースがほとんどだという
◆一方、調剤薬局では一般的に、患者自らが症状を訴えることは少ない。薬剤師が詳しく聞こうとしても、患者は積極的には話さない。医師に話した内容を、なぜまた薬局で話す必要があるのか、と患者は思っているのだろう
◆調剤薬局の薬剤師の役割が患者に認識されていないことが、“素っ気ない反応”の背景にある。処方せん調剤を主な業務とした薬局の歴史は浅い。社会的認知度が低いことを自覚し、そのメリットを患者に実感してもらえるような日々の関わり方を、現場の薬剤師は強く意識する必要がある。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録