HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ファイザー】最大で800人削減を検討

2007年1月23日 (火)

 ファイザーは、医療用医薬品事業の人員4000人について、最大で800人を削減する方向で検討を開始した。米ファイザーが進めているコスト削減策の一環としている。また、研究施設の集約に伴い、愛知県名古屋市の中央研究所も閉鎖する予定だ。

 米ファイザーが22日(現地時間)に開かれたアナリストミーティングの中で発表したもの。米ファイザーは2008年度時点で全世界で40億ドルのコスト削減を求めていた。

 それについて、昨年開かれた記者会見で岩崎社長は、日本法人に求められていた経費削減については、人員削減をせずに、会議関係にかかる費用などの見直し、製品プロモーションの外注を集中することなどによって、06年末までに達成できるとの見解を示していた。

 しかし、ジェフリー・B・キンドラー会長兼CEOが、就任後に事業戦略を再検討した。その結果、グローバルで開発が進められていた大型品の高脂血症治療剤であるトルセトラピブの開発中止、製品の特許切れなどの要因に対応するため、研究機能の集約、人員の適正化、生産性の向上などを行うことになった。

 日本では、医療用医薬品事業部門のMRや管理部門の人員などを15020%削減する予定だ。 中央研究所に所属する研究者などへの対応は現在検討中だという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録