HOME > 無季言 ∨ 

「骨粗鬆症」国内推定患者数は約1100万人

2010年10月25日 (月)

◆骨強度の低下が原因で、骨折を引き起こす「骨粗鬆症」。ある疫学調査によると、骨粗鬆症の推定患者数は、国内で約1100万人と、高齢化の進展に合わせて、増加傾向をたどってきている。今や、国民病といっても過言ではない
◆これまで骨強度については、骨量を重視した考え方が主流だった。しかし近年、骨粗鬆症の発症メカニズムなどが明らかになるにつれて、骨量のみならず、骨質も骨強度にかかわることが分かってきた
◆こうした中、新たな作用機序を持った薬剤が登場した。これまで「骨吸収抑制剤」が標準治療として使われてきたが、国内初の骨形成促進剤「テリパラチド」が10月に、発売された。この薬剤は、骨微細構造を再構築することで、骨芽細胞の増加を促し、骨量を増やすという特性を持っている
◆ステロイド性骨粗鬆症や糖尿病を罹患し、骨形成が低下している患者にとっては、朗報といえるだろう。ただ、テリパラチドの投与期間は、一生涯に18カ月間と限られることから、骨吸収抑制剤と骨形成促進剤を組み合わせた、骨粗鬆症治療を期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録