【新製品】重炭酸リンゲル液「ビカネイト輸液」 大塚製薬工場

2010年10月29日 (金)

yakuji_photo

 大塚製薬工場は、重炭酸リンゲル液「ビカネイト輸液500mL」を新発売した。

 ビカネイト輸液は、体内でアルカリ化剤として働く「重炭酸イオン」が用いられた細胞外液補充液。手術時に低下するマグネシウム濃度を維持するため、マグネシウムイオンを配合した。大量出血や重傷熱傷などの患者に投与する際、速やかにアルカリ作用を示し、救命救急や手術時の体液管理に効果を発揮する。

 また、炭酸ガスに対して高いバリア性を持った複合フィルムと、炭酸ガス濃度をモニターできるpHインジケーターを開発。ガスバリア性フィルムで容器を包装することで、重炭酸リンゲル液の安定性向上と品質の確認が可能になった。

 なお、1Lは11月25日に発売する予定。薬価は、500mLが254円、1Lが491円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録