HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】統合失調症薬「ラツーダ」を米FDAが販売許可‐来年3月にも海外進出へ

2010年10月29日 (金)

 大日本住友製薬は29日、海外戦略品と位置づける統合失調症治療剤「ラツーダ」(一般名:ルラシドン塩酸塩)について、米子会社サノビオンがFDAから販売許可を取得したと発表した。2011年第1四半期にも米国発売を開始する予定で、ラツーダの投入を契機に海外進出へ大きな一歩を踏み出す。

 ラツーダは、同社がグローバル展開の足がかりと位置づけ、大型化を見込んでいる海外戦略品。昨年12月にFDAにラツーダの承認申請を行い、今年10月末に審査が終了することになっていた。一方、ラツーダの米国上市に向け、昨年9月に米セプラコールを買収し、米国販売網を獲得。11月には「海外事業本部」を新設し、海外展開に向けた準備を進めてきた。

 ラツーダの販売許可取得を受け、同社は11 年第1四半期にも米国での発売開始を予定しており、MR300人体制で販売活動を推進していく計画だ。

 グローバル展開の先兵役となるラツーダの米国上市に見通しが立ったことで、同社は来年から海外進出へ本格的に踏み出す。中期経営計画では、14年度に海外売上高比率50%を打ち出しており、今後ラツーダの米国における成否がグローバル展開のカギを握ることになる。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録