HOME > 無季言 ∨ 

薬剤師の過失

2011年2月16日 (水)

◆「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」。薬剤師なら誰でも知っている薬剤師法第24条
◆東京地裁で先週、通常量の5倍の薬剤を投与したとして、処方医だけでなく、調剤した薬剤師らの過失を認め、賠償金の支払いを命ずる判決が言い渡された。薬剤師の責任が問われたのは、疑義照会を怠ったことが理由だ
◆現在、薬剤師の業務をめぐる大きな話題はチーム医療の推進だ。薬剤師の病棟常駐、フィジカルアセスメント、薬剤管理指導、処方提案など様々な役割が、多くの職種から求められ、薬剤師業界も実践を促している。また、薬局薬剤師には在宅医療への参画の期待も集まっている
◆薬剤師が看護師らと最も異なるのは、医師の包括的指示の下で業務を行うのではなく、独立した専門家として機能する立場にある点だ。今回判決が出た事案は稀なケースだが、薬剤師の存在意義に通じる本来業務が疎かになっては、新たな活躍の場を開拓することはできない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録