HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【Hib+BCG】ワクチン同時接種で死亡例

2011年3月8日 (火)

 厚生労働省は7日、髄膜炎や肺炎などの原因となるヘモフィルスインフルエンザ菌b型に対するワクチン(製品名:アクトヒブ)と、結核予防のBCGワクチンの同時接種者で、死亡症例が発生したことを公表した。ワクチン接種と死亡の因果関係については、現段階では評価不能で、詳細な調査を実施しているという。

 死亡したのは、宮崎県都城市の生後6月未満の男児。基礎疾患としてチアノーゼ、右心室肥大等を持っていた。2月4日に接種し、2日後に亡くなった。

 アクトヒブは、小児用肺炎球菌ワクチンとの同時接種後の死亡症例が3例発生したことを受け、厚労省が4日付で接種の一時見合わせを自治体等に指示している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録