HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】第1期中期経営計画を発表‐海外事業拡大に本腰

2007年2月15日 (木)

庄田社長
庄田社長

 三共と第一製薬の医療用薬事業を統合して4月からスタートする第一三共は14日、2007年度009年度までの「第1期中期経営計画」を発表した。主力品のAII受容体拮抗(ARB)型降圧薬オルメサルタンを成長ドライバーに、米国を中心に海外事業の拡大に取り組む。それにより09年度には海外売上高比率を40%以上に引き上げ、売上高は06年度より約1800億円増の9600億円、営業利益率は25%以上を目指す。

 同社はまず、日米欧事業強化(海外売上高比率60%以上)による目標売上高1・5兆円を掲げる2015年ビジョンを提示。今中計は、ビジョン達成に向けた成長基盤の拡充の期間と位置づけた。

 そのため、統合シナジーを活用して[1]創薬力の強化とパイプラインの拡充[2]MR2300人体制による国内営業体制の構築[3]オルメサルタンなど主力品の販拡[4]要員適正化とグループ会社設立による業務効率化””に取り組む方針を示した。

 営業利益率目標を達成するため、原価率の低減や要員の適正化、国内拠点の統廃合による販管費の低減を図る。削減分は、海外での研究開発、営業力強化への投資に振り分ける。

 牽引役となるオルメサルタンは、中計中に世界売上高をほぼ倍増させ、2500億円以上を目指す。

 国内事業では最終年度売上高を4700億円と設定。約2300億円をオルメサルタンなど循環器領域の製品で確保する。

 研究開発では、血栓症、糖尿病、癌、自己免疫疾患、関節リウマチに重点的に投資し、世界トップクラスのパイプラインを目指すとした。

 OTCなどを扱う第一三共ヘルスケアについては、OTCのみならず、機能性スキンケア、機能性食品にも取り組む方針。最終年度目標は売上高390億円、営業利益率10%以上を目指す。要員数は約25%削減すし390名体制とした。

 中計を発表した庄田隆社長は、2015年に向けて「世界の主要地域に拠点を構えて自ら事業を展開し、革新的医薬品を継続して創出する企業を目指す」と強調した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録