HOME > 無季言 ∨ 

被災と長期実務実習

2011年4月8日 (金)

◆ふと人生を振り返ると、少々“やり残した”ことはあるもので、年齢を重ねるほど、後悔の念に駆られることもある。誰でもそうしたことはあるだろう。いま、遠い過去に思いを馳せるまでもなく、残念な思いをしている学生たちがいる
◆東日本大震災から早1カ月。既に死者数は1万2000人を超え、まさに未曾有の大災害となった。何事もこれと比べるべくもないかもしれないが、長期実務実習の第3期目に当たった学生らには、大きな影を落とした
◆東北地方、さらには関東地方でも、残り約2週間というところで、多くが“中断”となった。その後の不安定な環境の中、既に今年度の実習をどう進めるかに、関係者は頭を悩ませているようだ
◆被災に当たって文部科学省は、単位の扱いは各校「弾力的に」と通知。薬系大学では、多くが実習を中止とした。確かに不運というほかはないだろう。ただ、受け入れ機関側では希望学生の“補習”には弾力的な対応の意向を示しているのが救いだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録