HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大震災/医療施設の被災状況】全壊は11病院、167診療所‐岩手、宮城、福島3県の8割が一部損壊

2011年6月9日 (木)

 東日本大震災によって、少なくとも岩手、宮城、福島の3県内にある病院の8割に当たる289施設が一部損壊し、11施設が全壊していたことが分かった。診療所は医科、歯科を合わせて1007施設が一部損壊し、167施設が全壊した。厚生労働省医政局が社会保障審議会医療部会に報告した。

 全壊した病院は岩手が4施設、宮城が5施設、福島が2施設。一部損壊は岩手が58施設、宮城が123施設、福島が103施設だった。

 3県の病院で被災直後に外来を制限したのは160施設で、外来の受け入れが不可能になったのは45施設。入院を制限したのは107施設で、入院の受け入れを止めたのは84施設となっている。

 診療所については、全壊が医科で岩手14施設、宮城67施設の計81施設に上り、福島はなかった。歯科は岩手で22施設、宮城で59施設、福島で5施設の計86施設が全壊した。一部損壊は医科で計402施設、歯科で計605施設。受け入れを制限した医科診療所は、外来が44施設、入院が13施設で、80施設が受け入れを止めた。

 このほか厚労省は、震災後のレセプト状況なども部会へ示した。それによると、社会保険診療報酬支払基金へ提出した3月診療分レセプト件数は、前年同月に比べて宮城の25・7%減、福島の22・7%減、岩手15・8%減をはじめとして、茨城、青森、栃木の各県で落ち込んだ。このうち調剤は宮城22・1%減、福島17・8%減、岩手13・9%減となっている。

 また、被災に関係するレセプト件数は、3月診療分4万0862件、4月診療分13万3973件の合計17万4835件だった。阪神・淡路大震災後3カ月の12万5176件を2カ月間で超えた。なお、一部負担金が猶予された被災患者のレセプトは、全47都道府県の医療機関から提出されており、総額5億6359万円が支払われた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録