HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ツムラ】ラオス現地法人事業が「官民連携案件」に‐生薬栽培圃場の安全確保で不発弾探査・除去

2011年6月22日 (水)

 ツムラは、ラオス子会社「ラオ・ツムラ」の生薬栽培事業が、政府が促進する「成長加速化のための官民パートナーシップ」の官民連携案件に認められたと発表した。栽培圃場の安全確保を目的とした不発弾探査と除去を含め、ツムラが進めるラオスでの生薬栽培事業が、現地雇用の拡大や農業技術の移転・普及など、ラオスの経済成長につながると評価された。

 今後、非営利法人「日本地雷処理を支援する会」の協力を得て、栽培圃場の安全確保を目的とした不発弾探査と除去を行うことにしている。対象となるのはラオスサラワン県ラオンガム郡の圃場予定地200ha。

 ツムラでは、不発弾の探査などが行われ、安全が確保された土地で、生薬栽培の圃場を将来的には1000haまで拡大を計画している。

 官民連携案件は、発展途上国における民間企業の活動と、政府開発援助のODAの連携によって、対象地域での雇用拡大や技術移転、貿易・投資の促進を目指し、民間企業の提案を受け付けている制度。ツムラの提案案件は、同制度第1号の認定となる。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録