HOME > 企画 ∨ 

【医薬専門学校】神戸医療福祉専門学校

2011年7月29日 (金)

社会が必要とするPSWを養成

独自の支援体制で国試合格率91%

 高齢化時代を迎え、医療・福祉に関する制度改革は年々進み、医療現場では、一人ひとりの患者の症状に合わせて、様々な専門職が連携し、治療やリハビリテーションから在宅ケアまでをサポートする「チーム医療」の考え方が広がりを見せている。

 神戸医療福祉専門学校は、チーム医療に必要な救急救命からリハビリテーションまで、特色ある11学科を中央校(介護福祉士科・鍼灸科・精神保健福祉士科)と三田校(理学療法士科・作業療法士科・言語聴覚士科・救急救命士科・義肢装具士科・義肢装具士科4年制・整形靴科・整形靴科1年制)に設置。充実した実習施設や設備を備え、時代のニーズに合った医療・福祉の現場で求められている人材を養成している。

 リハビリテーションでは、専門職が連携するために、それぞれの立場からの意見を伝えることが必要になってくる。

 同校では、リハビリ系学科(理学療法士科、作業療法士科、言語聴覚士科、義肢装具士科)を設置している強みを生かし、他のメディカルスタッフとの意見交換を通して、他職種と連携することの重要性を理解し、より良いリハビリテーションへのアプローチ力などを身につける。

 また、最近は患者の様々なニーズに対応する専門職として、「精神保健福祉士」の役割が大きくなってきている。

 「精神保健福祉士(PSW)」は、精神科病院やクリニック、福祉事務所、精神障害者社会復帰施設などで、心に病や障害を持つ人への社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、訓練そのほかの援助を行うための国家資格。住み慣れた地域の中で、日常生活がスムーズにできるように、保健福祉制度を活用し、専門的なサポートを行う。そのため、医学的知識や人の内面を思いやる心理的な知識など、幅広い専門知識と技術が必要とされる。

 同校の精神保健福祉士科は、夜間1年制で国家試験に合格できる力を習得する。

 2009年の国家試験合格率は91%と、全国平均(61・7%)を大きく上回っている。その高い合格率を支えるのが、独自の充実したバックアップ体制。

 国家試験にポイントを絞ったカリキュラムでは、講義だけでなく、演習や実習を組み合わせて構成されている。インターネットを利用したe‐ラーニングも導入されていて、職場や自宅など場所を選ばずに学習することもできる。

 授業時間以外にも「国家試験対策ゼミ」があり、出題傾向や対策などのサポートも万全。さらに、年2回実施される模擬試験で自分の実力を確認すると共に、弱点を洗い出し、国家試験合格を目指す。

 また、就労支援施設や地域活動支援センターなどへの、アルバイト紹介制度があり、実際の現場で働きながら、障害を持つ人の社会参加を支援するなどの実践力を養う。希望者は、介護員養成研修を受講すれば、ホームヘルパー2級を取得することができる。精神保健福祉士と併せて取得することで、卒業後の活躍の場が大きく広がる。

神戸医療福祉専門学校
http://www.kmw.ac.jp/




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録