HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【麻疹・風疹ワクチン】接種率に地域差‐2010年度実施率を集計

2011年8月9日 (火)

 厚生労働省の集計で、2010年度の麻疹・風疹の定期予防接種の実施率は、1歳児に対する第1期が95・6%、小学校入学1年前の概ね6歳児に対する第2期が92・2%だった。また、08年から5年間の時限措置として実施している中学1年生などを対象とした第3期は87・2%、高校3年生などを対象とした第4期は78・8%となっており、いずれも接種率に都道府県格差が見られた。

 第1期は、対象者109万1342人のうち、混合ワクチンを104万3311人、麻疹単抗原ワクチンを213人、風疹単抗原ワクチンを158人が接種した。接種率は麻疹・風疹ともに、最高が徳島の99・6%、最低が奈良の91・3%だった。

 第2期は、対象者111万0487人のうち、混合ワクチンを102万3566人、麻疹単抗原ワクチンを198人、風疹単抗原ワクチンを156人が接種した。接種率は麻疹・風疹ともに、最高が新潟の96・9%、最低の神奈川が88・4%だった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録