HOME > 無季言 ∨ 

精神疾患患者300万人超で

2011年10月17日 (月)

◆この10年間で1・5倍以上に増加し、今や300万人を大きく上回るのが精神疾患患者。緊急に入院が必要でも、本人が気づかずに入院が遅れることもある。精神科救急医療体制の整備は来年4月から都道府県の努力義務となる
◆厚生労働省検討会の報告書は、都道府県が確保すべき体制を提言している。24時間365日の搬送・入院が可能な精神科救急医療システムの確保、常時対応型の相談窓口と精神科救急情報センターの設置、精神科医療機関による休日・夜間の患者支援などが柱だ
◆身体疾患を合併する精神疾患患者の受け入れ体制の確保も課題だ。検討会は、救急対応が可能で精神科を持つ総合病院に精神科医、看護師、薬剤師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理技術者らによる「精神科専門チーム」配置の検討を求めている
◆地域の精神科医療機関と一般医療機関の連携も不可欠。報告書には明示されていないが、普段から患者の薬歴を把握している薬局は、精神科救急でも活躍できるはず。ネットワークへの薬局の積極的参画に期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録