HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【保険医療材料】米国申請から半年以内の迅速導入‐製品ごとに評価

2012年1月27日 (金)

 デバイス・ラグ解消に向けて、機能区分ごとに償還価格が設定されている保険医療材料制度に、迅速に国内導入した製品を個別に評価する加算が、2012年度改革で創設される。中央社会保険医療協議会がこのほど新たな仕組みの詳細を了承した。

 日本での薬事承認申請が米国より早いか、米国での承認申請や市販前届出の完了から180日以内で、さらに薬事審査の総期間のうち企業の持ち時間が、優先品目と臨床試験のある改良品目で150日以内、通常品目で240日以内であることが要件に決まった。

 申請時期の基準は、日本医療機器産業連合会が企業に“申請ラグ”と考えられる水準をきいたとろこ、欧米より「6カ月遅れ」が3割で、「1年遅れ」まで広げると8割に達するため、厳し目の180日にした。また、実績として申請時期の米国からの遅れが6カ月以内にとどまる製品が少ないことも踏まえ、高い努力目標を据えた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録